最新情報

2021/12/08

これからもずっと…

これからもずっと…

 

2021年12月。『みちのく夢情〜東北感謝盤〜』と題して発売された一枚。

この一枚にはたくさんの想いと思い、そして願いと希望が包まれています。

 

2021年という年はたくさんの人にとってターニングポイント(転換期)となりました。

そのひとつが2011年の東日本大震災から10年という節目。

 

2020年の秋 2021年春の発表に向けて楽曲制作がスタートしました。

長らく水田竜子作品から離れていた水木れいじ先生が選んだ舞台は岩手県釜石市でした。

これは偶然でも奇遇でもありません。

 

必然でした。

 

2011年。水木れいじ先生はテレビの画面から連日連夜映し出される日本の惨劇を目の当たりにして、

何もできない自分に憤りを感じていたと言います。

 

その時、岩手県出身の知人が関東から釜石市へ自家用車で救援物資を運んでいるという話を耳にして

必要な物資として乾電池を要望していると聞くと、すぐさま行動に移します。

 

その頃、すでに東京都内でも乾電池は品薄状態でした。

仕方のないことですが悪徳な転売で儲ける業者から、法外な値段とは承知しつつ莫大な料金を払い入手し続け、釜石へ向かう車に載せました。

 

その後、知人からは、新聞やテレビやラジオでは報道されない「現地のありのまま」の現状を聞き、心を痛めたと言います。

 

そして東日本大震災から、ちょうど10年。

 

岩手県釜石市を舞台にした『みちのく夢情』の誕生は偶然でもなく奇遇でもなく必然だったのです。

 

作品に登場する風光明媚な名所と「釜石」という土地の名を歌にのせることにより、これからもずっと…忘れないで思い続けることができます。

 

もちろん釜石だけではありません。水田竜子の歌世界に登場する名所を歌って、これからもずっと…忘れない、そして訪れてみたい、もう一度訪れてみたい。

そんな歌旅行ができるのです。

 

『みちのく夢情』は、10年前、作詩家として何ができるんだろうという水木れいじ先生が葛藤したあの日々へのひとつの答えだったのかもしれません。

 

 

 

そして、目に見えぬ細菌によって変わってしまった世界。

あたりまえのように旅をして、あたりまえのように集い、あたりまえのように歌うことが出来なくなってしまった世界。

 

歌うことを許されない世界が訪れるとは想像もしませんでした。

 

はるか昔から様々な困難を乗り越えてきた人類ですから、やまない雨はないように、必ずや、また日常が戻ってくると信じております。

 

その日がきたら、ぜひ水田竜子が歌ってきました全国の名所を訪れてみませんか?

もちろん日常の中でも、水田竜子の作品をマイクにのせて歌って、心の旅をしてください。

あの町やあの港、あの渓谷やあの川、あの橋わたって、あの鉄道へ…

歌で旅したあとは、ぜひ足を運んでください。

 

水田竜子の楽曲に登場する地は、皆さんのかつて住んでいた。あるいは出生の地があるかもしれません。

どうぞ、これからもずっと…  忘れないでください。

 

 

2021年の最後を飾る作品『みちのく夢情〜東北感謝盤〜」は

震災から10年、あの日を忘れないで、これからもずっと…

また日常が戻ったら、東北も、そして全国も、たくさんの歌の名所を旅していただきたい。

それまでは、そして、これからもずっと…歌うことで思い出してください。

そんな希望がつまった一枚です。

 

水田竜子は、全国津々浦々を歌の旅で巡ってきて、たくさんの方に出会った中で、たくさんの思いや想い、そして希望を受け止め、今回も歌唱で応えました。

 

 

 

水田竜子は、これからもずっと… 全国の皆さんに歌でよりそってまいります。

 

 

追伸

 

2020年4月17日に天国に旅立たれた、

水田竜子はもちろんのこと、みんな大好きなアレンジャー前田トシちゃん先生こと前田俊明先生に

ありがとうございます!の気持ちをこめて、トシちゃん先生が水田竜子に編曲してくださった中から

『紅花の宿』『新庄恋しや』を選んで

『みちのく夢情〜東北感謝盤〜』に収録させていただきました。

 

トシちゃん先生、これからもずっと… 先生のアレンジしてくださったたくさんの楽曲歌っていきますね。

 

ありがとうございました!先生ずっと大好きです。ピースサインで!!

 

 

 

2021年12月8日

水田竜子所属事務所

クルー(乗組員)より

 

『みちのく夢情〜東北感謝盤〜』

収録曲

『みちのく夢情』(岩手県釜石市)

作詩・水木れいじ 作曲・水森英夫 編曲・野村豊 制作・古川健仁(KING RECORDS)

『みちのく夢情〜ギターバージョン〜』

作詩・水木れいじ 作曲・水森英夫 編曲演奏・斉藤功

『紅花の宿』(山形県酒田市)

作詩・水木れいじ 作曲・水森英夫 編曲・前田俊明 制作・古川健仁(KING RECORDS)

『新庄恋しや』(山形県新庄市)

作詩・麻 こよみ 作曲・水森英夫 編曲・前田俊明 制作・古川健仁(KING RECORDS)

2021年12月8日発売

KICM-31041

キングレコード

販売価格1,364円(税別)

(税込価格: 1,500円)

 

 

みちのく夢情

『みちのく夢情/うす紅の宿』

収録曲

『みちのく夢情』(岩手県釜石市)

作詩・水木れいじ 作曲・水森英夫 編曲・野村豊 制作・古川健仁(KING RECORDS)

『うす紅の宿』(山形県尾花沢市)

作詩・水木れいじ 作曲・水森英夫 編曲・野村豊 制作・古川健仁(KING RECORDS)

2021年4月8日発売

KICM-31012

キングレコード

販売価格1,273円(税別)

(税込価格: 1,400円)

 

岩本晶子さんのライナーノーツ(解説文)はこちら

『みちのく夢情』ミュージックビデオはこちら 

2021/11/21

[新譜]12/8 『みちのく夢情〜東北感謝盤〜』発売

2007年発売の17万枚ヒット作『紅花の宿』を手がけた強力タッグが7年ぶりに大復活します。

作詩・水木れいじ 作曲・水森英夫の両ヒットメーカーが創り上げた『みちのく夢情』は、この強力タッグがスタートした2005年発売『北山崎』の岩手県に帰り、鉄と魚とラグビーのまち釜石市の美しい風景を舞台に「演歌の王道」を歌い上げます。

C/W『うす紅の宿』は、水木れいじ先生が水田竜子を立たせたい場所として、長年あたためてきた山形県尾花沢市の名所を舞台にした『紅花の宿』を彷彿とさせる楽曲です。歌唱はもちろんのこと、舞踊曲としてもオススメです。

ここからまた新たな歌の旅がはじまります。

どうぞご期待ください。

 

そして、好評につき2021年12月8日、日本を代表するトップギタリスト斉藤功さんアレンジ&ギタープレイに、水田竜子のヴォーカルをのせた『みちのく夢情ギターバージョン』と、東北感謝盤として、山形県酒田市を舞台にした『紅花の宿』山形県新庄市を舞台にした『新庄恋しや』どちらもカラオケファンに熱く支持いたいでおります2曲を加えた豪華盤『みちのく夢情〜東北感謝盤〜』を発売いたします。

 

 

岩本晶子さんのライナーノーツ(解説文)はこちら

『みちのく夢情』ミュージックビデオはこちら

『みちのく夢情/うす紅の宿』購入特典配布店はこちら

 2021年12月8日(水)発売

水田竜子『みちのく夢情〜東北感謝盤〜』

収録曲・『みちのく夢情』『みちのく夢情〜ギターバージョン〜』『新庄恋しや』『紅花の宿』

発売・キングレコード KICM-31041 

販売価格1,364円(税別)

(税込価格: 1,500円)

 

2021年4月7日(水)発売

水田竜子『みちのく夢情』(C/W『うす紅の宿』)

発売・キングレコード KICM-31012 

販売価格1,273円(税別)

(税込価格: 1,400円)

KICM31012_JK.jpg

2021/10/18

日々更新カレンダー更新しました!

今月も、たくさんの放送がございます。各放送局のサイトやradiko、サイマル放送でぜひお聴きください。詳しくはこちら。

https://mizuta-ryuko.net/calendar

2021/04/18

岩手県釜石市へ表敬訪問いたしました

16日に岩手県釜石市にて野田武則市長へ表敬訪問させていただきました。晴山真澄副市長、産業復興部平松福壽部長、産業復興部の皆様、一般社団法人釜石観光物産協会澤田政男会長も同席。途中レーベルメイトの福田こうへいさんから野田市長への特別メッセージもご覧いただき終始和やかな時間となりました。

今回の訪問に際してご尽力いただいた、IBC岩手放送営業局専任部長太田正則様、釜石市総務企画部山崎森敬様にあらためて感謝申し上げます。

4月7日発売、鉄と魚とラグビーのまち釜石をテーマにした水田竜子34枚目のシングル『みちのく夢情』を今後メディアでの歌唱や、全国のイベントステージ等での歌唱を通じ、釜石市のPRを行ってまいります。

IMG_3754.jpg

IMG_3758.jpg

IMG_3750.jpg

IMG_3753.jpg

 

2021/04/06

岩本晶子さんの『みちのく夢情/うす紅の宿』ライナーノーツ(解説文)

かつて洋楽レコードには必ずと言っていいほどライナーノーツと呼ばれる解説文が封入されていました。レコードに針をおとす前に読む人、何度も聴いてからあらためて読む人、人それぞれの読み方がありましたが、いずれにしても楽曲の想いをさらに深める『想像の旅』を、このライナーノーツが担っておりました。

水田竜子は、2018年発表の『礼文水道』よりオフィシャルサイトにてライナーノーツ掲載をはじめました。執筆いただいているのは岩本晶子さん。かつて音楽誌のライターを担当し、現在は次世代のライターを育てる専門学校で教壇に立っておられます。

楽曲とは関係ないプライベートを掘り下げるインタビューが乱立している中、氏のインタビューは楽曲に対する探究心と新たな発見、そして何より歌い手の的確な分析と愛情が溢れておりました。

今回の『みちのく夢情/うす紅の宿』でも執筆を依頼させていただきました。その際お渡しした資料は、詩と楽曲音源のみです。余計な情報はいっさいお渡ししない中で創り上げてくださったライナーノーツです。

読み方は人それぞれです。お聴きになってから、、、 お聴きになる前に、、、あるいはジャケット写真を眺めながら、、、人それぞれです。それがライナーノーツです。どうぞ歌の旅をお楽しみください。

 

歌手生活28年。

新曲「みちのく夢情」は34枚目のシングルであり、

 

7年ぶりの“スリーウォーターズ”作品でもある。

 

とくれば当然、連想されるのは“円熟味”にあふれた歌声であり、

技巧を凝らした節回しによる心地良い重みーー。

だが、新曲「みちのく夢情」の歌声から感じ取れるのは、

なんと“瑞々しさ”なのである。

 

“若手“と呼ばれる時代に、初々しさとともにそれを持ち合わせている人は多い。

 

しかし、歌手としての年輪を刻んでいくごとに、

 

また、“深み“や“味“といったものと引き換えに、いつしか手放していくものであるはずだ。

 

キャリアとの共存は極めて稀であるように思う。

 

ところが水田竜子という歌手は、

機微を配した歌唱テクニックのうえに、

この“瑞々しさ”を流し込むといった芸当をナチュラルにやってのけている。

 

かといって、円熟味を封印したわけではなく、

むしろ日々、磨きをかけていることは、

 

カップリング曲「うす紅の宿」を聴けば語るまでもない。

 

 

 

水田竜子は手持ちのカードを1枚たりともトレードしない。

 

決して手放さず、着々とアップデートしていくのだ。

 

ある意味、とても強欲な歌い手であると言える。

 

 

 

メジャー調の新曲「みちのく夢情」のメロディに寄り添っているのは、

そうして手にした聡明な杲杲さであり、瑞々しさなのだ。

快然たる想いすら感じられる。

 

 

しかし、その声の奥にちゃんと、

歌の“心”を誂えてくれているのが水田竜子なのである。

 

みれん心を船に乗せたといっても、

人の感情というものはケーキのようにきれいに切れ分けられるものではなく、

終わりも始まりもなく、ただ、そうあるということーー。

 

そして、観音さまがもらい泣きする恋とは如何程かーー。

 

言葉では説明するすべを持たない感情。

「無情」を「夢情」に変える女心。

 

水田竜子が歌い上げているーーというより、

水田竜子が「無」から「夢」へ変革させているのかもしれない。

 

舞台の地となっている釜石への言葉に変えがたい想いも込めてーー。

 

 

“相性が良い”とか“良い巡り合わせ”といった話ではなく、

 

水田竜子はいつだって自らが呼び水となり、

 

その時々にもっとも輝きを得られる歌を惹き寄せているのだ。

 

©akiko iwamoto

※無断転載及び引用は固く禁じます

1 2